1分でわかる伯東

The future of Hakuto
伯東のめざす未来

伯東の強みはサイクルの違う3つの事業領域を持つ「バランス経営」と、
技術の側面からお客様をサポートするテクニカルサポート部門を持ち、
常に求められるニーズに対応してきた歴史、社風にあります。

5G・IoTそしてAIの時代へ
「調達力」と「技術力」で
ものづくりを支える

エレクトロニクス専門商社としてお客さまのニーズにマッチした商品とサービスを提供しています。

  • 先端技術
    先端技術
  • 自動車
    自動車
  • 液晶
    液晶
  • 家電製品
    家電製品
  • 光通信
    光通信
ELECTRONICS
エレクトロニクス関連事業

環境に配慮した工業薬品で
工業の基礎を支える

自社工場および研究所にて工業薬品の開発製造を行っています。

  • 水処理技術
    水処理技術
  • 化粧品開発
    化粧品開発
  • 石油・石化
    石油・石化
  • 紙
CHEMICALS
ケミカル関連事業

エレクトロニクス商品、ケミカル製品の両方を扱い、
無限の領域を市場として創り出す伯東

History
求められ拡がりをみせる伯東の歴史

1953
伯東株式会社を設立

ブラジルからの水晶原石の輸入事業開始
始まりはたった2坪の事務所

1958
電子・電気機器事業開始

水晶原石の加工機械から幅広い機器の取り扱いを開始

1963
伯東化学株式会社設立
(ケミカル関連事業開始)

~クライアントのニーズから新分野への参入~

1970年代
電子デバイス・電子コンポーネント事業開始

エレクトロニクス専門商社としての基盤づくり

専門商社としての地位確立と海外進出

~香港・シンガポール・台湾へ進出~

1980
伯東本社ビル設立
1982
伊勢原技術センター竣工
1991
伯東化学株式会社を合併
2000
東証一部上場
2003
伯東A&L株式会社を設立

~物流業務と管理業務の効率化~

2013
売電事業開始

~再生可能エネルギー普及へ~

2015
伯東オリジナル化粧品「TAEKO」販売

~薬品の研究から生産菌の発見・そして化粧品事業への応用~

2018
伯東ライフサイエンス株式会社を設立

化粧品事業の独立へ

先進技術で人と地球にうるおいを。
新たなビジネス創出への挑戦

Balance
バランス経営の実力

電子デバイス
電子コンポーネント
電子・電気機器
化学薬品
化粧品

異なるビジネスサイクル/多角的事業展開/3分野のバランス経営

安定した収益性の実現
売上高
0000
売上
80%
12%
8%
  • 電子デバイス・電子コンポーネント
  • 電子・電気機器
  • 工業薬品・化粧品
利益
25%
39%
36%
  • 電子デバイス・電子コンポーネント
  • 電子・電気機器
  • 工業薬品・化粧品

2020年3月時点

People
事業を支える伯東の社員たち

従業員数(連結)
設⽴当初
3
現在
0000
文系:理系
0
:
0
男女比
0
:
0
平均年齢
00
平均勤続年数
00
産休・育休復帰率
000 %

2020年3月時点

Global network
グローバルネットワーク

年間海外出張件数
0000

伯東のめざすありかた

5G・IoT時代がすぐ目の前に迫り、
私たちが勝負できる市場はものすごいスピードで広がっています。
エレクトロニクス商品とケミカル製品は、社会が変われば、
新しい機能を求められるとても変化が激しい領域。
その両輪で何を仕掛けていくのか、何を創り出していくのか。
私たちは皆さんの若い力に期待しています。